【施工事例】温故知新をかたちにする ~耐震・バリアフリーリフォーム~

こんにちは、おうちリボンです。

このところ静岡ガスリビングで施工したとっても素敵な写真をたくさんご紹介できて嬉しいです!こうしてたくさんの工事ができるのも皆さまのおかげ・・・またこれからも続けていけるよう努めてまいります!

さて今日の事例は「想いを大切に ~温故知新リフォーム~」という施工内容です。「想い」とは、築60年の想い出、そして風合いが見事な和室などの素材のこと。そして今回はそれらを上手く活かしながらの「耐震」「バリアフリー」の実現!当社の営業・デザイナーはどんなバランスで、これらの要素を実現したのでしょうか?写真を見てみてください♪

築60年の外観はさすがの風合い。耐震性を高める為に屋根の軽量化を実施しましたが、瓦調の素材を採用し「和」の雰囲気をそのまま保つことに成功しています。

従来の和室も銘木仕上げの立派な空間でした。雰囲気はそのままに、素敵な素材は残したまま耐震をしたい・・・ということで静岡ガスリビングは、和室以外の部屋を重点的に補強するかたちで耐震向上を実現しました。既存の床の間、建具、天井材、広縁床を活かし、壁と畳をリフレッシュ。広々とした空間ではこれからも、家族や親戚が集い思い出が交わされることでしょう。

耐震・収納はもちろんですが、あとあとの満足度をぐっと高めてくれるのが「断熱」。床材と建具をそのまま残した風合い豊かなこの廊下ですが、既存の建具の外側に断熱サッシを設置しています。そのほかのサッシ、窓も断熱仕様のものを採用したり、Low-Eガラスを採用したりと「ほんとうの快適」をきちんとお届けする設計となっています。住宅の外皮性能を高めてあげる、つまり熱の出入りをできるだけ少なくすることを考えること。ただ住まうだけでなく、笑顔で住まうこと・・・私たち静岡ガスリビングは、そうしたお施主さまの姿を描くことができるプロでありたいと考えています。

家の顔となる玄関は、和室へと誘うような広がりのあるステージに。木のぬくもりが感じられ、心地よくお客さまをお出迎えできますね。

リビングダイニングは一続きのバリアフリー設計。家族や親戚が集い、語らう場所という想定をした大空間に仕上がりました。

リビングダイニングと同様、キッチンも「広がり」を大切にしています。対面式キッチンを採用することで、ゆったりと楽しい家事空間を演出できました。

リビングダイニングの一角に「繋がっているけれどプライベート」なご主人のための書斎をご用意。お家にいることが多くなったので、その時間を充実させるための大切なスペースができあがりました。電話やパソコンなどのデバイスや書類を収納できるスペースが整い、ご主人も大満足のご様子です。しかも足元は床暖房でぽかぽか・・・なんとも羨ましい空間ですね。

一新した寝室の大きな窓サッシももちろん断熱仕様、そしてLow-Eガラスを採用しています。大きな窓を採用するほどに熱の出入りが激しくなってしまいますが、断熱性能の高いものを使用することで外皮性能(熱をとじこめる力)をアップさせています。

水まわりをコンパクトにまとめ、色合いはシンプルなホワイトで統一。すっきりと明るい、高級感と清潔感にあふれる仕様となっています。

家中のバリアフリーを大切にした今回の物件でしたが、とくにトイレのバリアフリーに力を入れました。大きな引戸ドアで、車椅子もすいすい出入り可能です。ドアの取っ手も握りやすいハンドレバーにするなど、将来へのそなえがぎっしり詰まっています。

今回のようなリフォームで大切なのは、お施主さまの「想い」に寄り添うあったかい姿勢、そしてプロとして耐震性を見極める冷静な目線、その二つの両立です・・・「冷静と情熱のあいだ」なんて言葉がピッタリくるかもしれません。私たち静岡ガスリビングの社員は建築士等の建築のプロである誇りとともに、しっかりとお施主さまのご希望を聴きとる力を大切に考えています。

型どおりのリフォームはひとつもない、その方だけの「とくべつ」を創る

・・・そのための知恵や技術を、今日もビシビシと鍛えています!是非今後も注目してくださいね♪

Before & After の画像が充実してる施工事例ページはこちら!画像を拡大できますよ※

おうちリボン

トピックス一覧